今年もGlobal Entrepreneurship Weekというイベントが世界中で行われますが、日本版はImpact Japanを初めとする組織が主催して、11月9日から22日までの2週間、いろいろなイベントが開かれます。For English=>

世界中でアントレプレナーシップを奨励しようという試みなので、とても興味深いプログラムが多数企画されています。

私は11月21日午後、政策大学院大学 GRIPSで、St. Gallen Symposiumの紹介とパネルのセッションに参加します。St. Gallen Symposiumは、このブログでも何度も書いているように、「今日のリーダーと明日のリーダーの対話」というコンセプトの下、スイスのSt. Gallen 大学の学生が主体となって、企画運営している40年を超えるイベントです。毎回とてもすばらしいので、ぜひ多くの方に知っていただきたいと思っています。

11月21日午後のセッション「次世代グローバル・リーダーを」では(このリンクからいけなければ11.21という箱をクリックしてください)、今年から日本担当になったSt. Gallen大学の学生マネジャーがまずシンポジウムの説明をした後、今年(だったと思います)、シンポジウムに参加したお二人をパネリストに、私がモデレーターをしてディスカッションをします。(日本語、一部感じをつかんでいただくために英語―ウェブサイトは英語だけのようになっていますが、パネルは大部分日本語でします) 実際に経験したおふたりに話をしていただき、多くの質問を受けたいと思っていますので、ぜひ登録して、参加してください。

またSt. Gallenのセッションの後は、(こちらもかなり良く知っている)ダボス会議のGlobal Shapers Communityの説明があります。こちらも20代の若い世代を対象としてCommunityで、今盛んに行われています。

というわけで、11月21日(水曜日)午後GRIPSに来ていただければ、2つの素晴らしい機会について、良く知ることができます。ぜひどうぞ!