記事の詳細

昨日、横浜から帰ってこようと東横線にのっていたら、途中で大きなバックパックを背負ったとても体格の良い(太ったというよりはがっしりした感じ)少年が、側に来ました。For English=> 私はiPhoneで英語ニュースのポッドキャストを聞きながら、日本語の新聞をざっと読んでいた所、どこまで行くの?どこから来たの?そのイヤフォーンは何?、なぜ新聞読んでいるの?などと聞かれ、私も同じようなこと(どこまで行くの、何していたの?など)を聞いているうちに、少年は柔道のクラスの帰りであること、週5回柔道のクラスに行くこと、7歳で5歳の時から柔道をやっており、お兄さんが一人、下も合わせると5人兄弟(だったと思う)だということがわかりました。

急行に乗っていたので、はやいね!とか、同じ駅で降りるみたい、などと話したり、iPhoneのことを聞かれたので、聞いてみる?とちょっと聞かせてあげたり(英語だね!といっていました)、彼は子供ケータイを持っていることを教えてくれたり、と楽しい会話が続きました。

同じ駅でおりて、彼は各駅停車に乗り換え、私はその駅でおりてきたのですが、とても楽しいひと時でした。こうしたこと(全く知らない人と気軽に会話して楽しいこと)は日本ではあまりないので、(海外に行くと、行列していたり、エレベーターで乗り合わせたりした時にジョークをいったりすることは良くありますが。。。)、何だか暖かい気持ちになりました。つかの間でしたが、7歳の柔道少年との楽しい会話でした。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る