記事の詳細

昨日に続き、ダメ元でも交渉してみたら、最初の希望にほぼ近いものが得られたという経験です。For English=> こちらは、父のシニア・レジデンスへの引っ越しと50年以上両親が住んだ自宅のものの整理と大掃除です。

母が亡くなって月日がたつにつれて、父は一人で一軒家に住むのがとても不安、心配になってきたらしく、体調も良くなくて、電話をしてきたり、一緒に食事をしたりすることが増えました。 二人でシニア・レジデンスを何か所か見た結果、父が気にいる所がやっと見つかりました。

本来は父と一緒に暖かいハワイに来て、気分転換をしようと考えていて、パスポートもとったのですが、行動を一緒にすることが増えるにつれ、父の体力を考えると、とても無理そうだということがわかりました。そこで、フライトをキャンセルし、ほとんど時間に余裕がない中、気にいったシニア・レジデンスへの父の引っ越しと自宅の整理と掃除を計画することになりました。

私の17日夜からの計画は変更したくなかった!ので、その前に引っ越しをと、シニア・レジデンスで引っ越しを手配しているヤマト運輸の方に見積と予定をお願いしました。12月は忙しい時期でもあるし、あまりに時間がないので、1月早々なら引っ越しができる、ということでした。しかたがないかな、とも思ったのですが、 私がいない間、父を一人にしておくのは心配だし、何とかならないか、と考え、17日より前にできそうな別の引っ越し会社をシニア・レジデンスの担当者の方に紹介していただきました。

私はこの10年位で5回位引っ越しをしており(同じコンプレックスの中も含め)、ヤマト運輸をとても信頼していたので、できればヤマトに頼みたいと、ダメ元で、もう一度ヤマトのシニアコンサルタント?に連絡してみました。「年明けまで待ちたくないので、別の会社に頼むことになりそう、本当はヤマトにやってほしいのだけど」とこちらの意向を説明した所、さすがに経験豊富な方らしく、何とか16日以前にできないか、と社内で交渉したようです。 数時間後、引っ越しと掃除を分けて別の支店が担当する、日程も中一日あける、ということならできる、ということになりました。

というわけで、日程もクリアし、今までサービスの経験があるヤマトにお願いして、無事引っ越しと掃除が終わりました。 (時間が迫っていたので、私にとっては、かなりの強行軍でしたが。。。)

GCwDad父は無事引っ越しをし、新しい所がとても気にいっていますし、何にもましてレジデンスには多くの方が暮らしているし、スタッフも多く、パブリックスペースも広くて、イベントも計画されていて、不安はなくなってきているようです。(左の写真は、そのロビーでいただいた花と父と私) 両親の自宅もすっかりかたづいて(50年間にためこんだ荷物の多さには驚きましたが。。。)、すっきりしました。

年明けでないとダメといわれた時にあきらめていたら、このように希望通りのことができなかったと思うと、何事もあきらめず何とか解決案を探す、ダメ元でも交渉してみることが大事だと実感しました。ダメ元という点では、こちらの話の方が、昨日のレンタカーの話よりずっと大きな成果?でした。(英語版ブログはこちらの話が先にのっています!)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る