記事の詳細

asf1asf2 今日5月31日午後3時から、私の母校である上智大学のAll Sophians’ Festivalで講演をする機会をいただきました。くもりだと良いなあ(雨だとそもそも外出したくないし、あまり良い天気だと遠くに遊びに行きたいので)と期待していたのですが、(昨日までは天気予報を見ながら、結構いけそう!と思っていました)、私の講演が始める3時前からかなりひどい雨になってしまいました!

しかし、雨にもかかわらず、講演には多くの方が来てくださいました。「組織も個人も戦略シフト」(最近テーマはもっぱらこれです。毎回その場に合わせた事例や話をいれますが)というテーマで1時間お話しました。時間切れで質疑応答ができなくなってしまったのですが、あと何人もの方とごあいさつしたり、質問を受けたりしました。質問をいただくと、私自身考える新しい材料になることもありますし、また講演ではこの点がわかりにくいのだなと思って、次の回からはそこを追加したりすることもあるので、私にはとても助けになります。

また今回は、以前からお目にかかりたいと思っていたリヴァンプの澤田さん(私の前に講演をなさった)にもお目にかかることができました。(トライアスロンのお話を聞いてしまい、またはまったらやばい!と思っています。今朝は合気道のクラスにいって投げられたり投げたりした後だったので、実は講演の前は体がガタガタという感じでした。講演ではすっかり忘れていたので、大丈夫ですが。。。)

上智の同期生(会うのは十年ぶりくらいかもしれません)や、最近お目にかかった方々、そして、初めての方々にも会うことができて、とても楽しく有意義な機会でした。こうした機会を与えていただき、感謝しています。

昨日はある企業の研修で、劇団四季のライオン・キングを見た後、劇団四季のビジネス・モデルについてお話しました。今まで四季のことは書いたり、研究したりしているのですが、今回の準備をするために、またいろいろな本や資料を読み、さらに感じる所が多々ありました。(これについてはまた書きます)

ずっと前から予定されていて、とても大きなイベント(私にとっては)であった金曜日から3日連続の講演が終わり、正直な所、ほっとしています。=>English 明日から6月ですから、また気分一新です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (12)

    • Maiko Nakamura
    • 2009年 5月 31日

    今日は力強いお話をありがとうございました。オープン化への恐れは企業だけでなく個人にも当てはまると思いますが、今日のお話を聞いて日々の考え方・行動に大きなヒントをいただきました。私もMBA学生なのですが、知識を身につけつつも、何より「現場で自ら体験」することを徹底しようと心に決めました。「国をつくるという仕事」も早速買いました!次の機会も楽しみにしております。

  1. セミナー参加させて頂きました。パワフルな講演に力をもらいました。ありがとうございます。
    特に、”代替案のない批判は無視すること。”この言葉は、最近、組織の中で、”職務以上のことをするな。”と言われて、人からのアドバイスをなにを判断に基準に受け入れたらいいのかと悩んでいた私には、大変役立つ一言でした。
    常にゴールイメージを持つという話がありましたが、これは仮説をもつというのとはちょっとニュアンスが違いますか?私は、”こうあるべきだ”の姿からゴールイメージをつくって、それに向かってプロセスを考えるようにしているのですが、”こうありたい”というゴールイメージを持ったほうがいいのでしょうか?”あるべき”をゴールにしてしまうと、そこから外れたときの代替案が柔軟に考えられないのでは?と最近思っています。
    なにかアドバイスがあれば頂ければ幸いです。

    • くるみ
    • 2009年 6月 01日

    石倉先生

    今日、上智大学で講演を聞かせてもらった者です。
    先生が書かれた本やblogを長いこと見ていたので
    とても楽しみにしていましたが、やはり刺激的で
    忘れられない一日になりました。

    blogを見る限り、大変お忙しいようですがお体に気をつけてください。
    また講演会にてお目にかかりたいと思っています。
    昨日はどうもありがとうございました

    • Miwako
    • 2009年 6月 01日

    外英を卒業し、今年9月から海外MBAに留学する者です。昨日の講演を拝聴し、また頂いた先生の本を読ませて頂き、留学直前のこのタイミングで、これ以上無い刺激を受けました。

    自分の目で見て自分の頭でしっかり考え、国際的な舞台において堂々と発言できる日本人リーダーが少ないことは以前より感じていましたが、自分も常に意識して留学してこようと思います。

    また、キャリアと仕事の両立についても悩むところではありましたが、本の中での、家庭のため一時キャリアをスローダウンしても長期スパンで見るとプラスである事が多いとのコメント、大いに勇気付けられました。

    また講演会を楽しみにしています。ありがとうございました。

    • yishikura
    • 2009年 6月 01日

    中村さん、石倉です。コメントありがとうございました。特に今のような時代は、技術が進歩しているので、「知った気」になってしまうことが良くあります。「現場、自分で体験すること」「いろいろな世界に自ら触れること」がやはり大事だと思います。直接すばらしい人や美しい芸術品などに触れると、心の深い所に感じるものがあると思います。

    • yishikura
    • 2009年 6月 01日

    kojireiさん、石倉です。コメントとご質問ありがとうございます。「代案のない。。。」は本当に良い言葉だと思います。職務以上の。。については、コメントもあるのですが、状況がわからないので。
    仮説の件ですが、理想の世界をあざやかに、といったのは、仮説というよりは、ありたい姿だと思います。こういう人になりたい、こういう生活をしたい、というもので、「あるべき」ではないように思います。「あるべき」だと誰にとって「あるべき」という疑問が出てくるので。

    また「仮説」は私が使う場合は、ある現象の原因がこれではないか、という仮の説であり、それを事実で検証するものです。解決案でも、こうすれば。。。は解決できるのではないか、というのが仮説で、それを立証していって結論になると考えています。これでわかりますか?

    • yishikura
    • 2009年 6月 01日

    くるみさん、石倉です。講演の感想、それに、ブログや本を読んでいただいて、ありがとうございます。また講演会などあったらお知らせしますね! でも健康はとても大事ですから、運動や睡眠、よく食べる!ことなど心がけています。

    • yishikura
    • 2009年 6月 01日

    Miwakoさん、石倉です。9月からMBA良いですね。常に前向きに、いろいろ新しい経験をしてください。外国にいった時に、人生を大きく変えるようなインパクトのある経験をしたという人は私のまわりにも多いですから。ゼロベースであまり先入観なく、見たり聞いたり、そして、発信していただくことを期待しています。

    • Moriu
    • 2009年 6月 02日

    昨日は、貴重なお話をどうもありがとうございました。

    お話の中の「代替案~」がとても心に残りました。今後、仕事のチームで実践していきたいと思います。

    また、話されている言葉、内容だけではなく、先生の醸し出すエネルギー・オーラにとても刺激を受けました。今後のキャリアにつき、思い悩んでおりましたが、先生のお話を伺い、ご様子を拝見し、やってみなくては、自分で経験してみなくては、何も始まらないと勇気が湧きました。ありがとうございます。

    今後も引き続き、講演会等楽しみにしております。今後の益々のご活躍をお祈り致します。

  2. 石倉様、質問への回答ありがとうございます。
    「あるべき」が誰にとって「あるべき」なのか?またまた、なるほどと思いました。私の考え方が、人(それも自分の身のまわりにいる少数の人)からどう見えるか?が価値基準になっているんだなと思いました。視野が狭くなっていたと反省しました。
    仮説の件も、ありがとうございます。はい、すっきりしました。
    セミナーでて、なんとなく理解した気になっていたことが、ご質問に答えていただいたことで、理解が深まりました。後は実践!あるのみです。ありがとうございました。Kojima

    • yishikura
    • 2009年 6月 02日

    kojimaiさん、石倉です。どういたしまして。質問していただくと、はっきり言わなかったことが明快になるので、とても助かります。これからは、Do it!ですね。

    • yishikura
    • 2009年 6月 02日

    Moriuさん、石倉です。コメントありがとうございます。「代替案。。」の話はとてもよいですよね。私もみつけた時に「これだ!」と思いました。
    エネルギーですが、私の周囲にいる人たちで、やりがいがあることをやっている人たちは、みな元気で、なかなかくじけないみたいです。私もそうありたいと思っているので、エネルギーを感じていただけるとうれしいです。(逆にみなさんから元気をいただくことも多いです!)

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る