先日予備的にお知らせした「ダボス会議の経験を東京で・・・」というSpecial Seminarが確定したので、ご案内します。For English=> 2月1日の夜都内で開かれます。(当初はダボス会議の会期中24日25日と想定していたのですが、私自身、土壇場でダボスに招かれてしまったので、帰ってきてすぐ!に変更しました。)

背景、概要、目的、詳細、登録は以下です。

>>1月23日から「世界経済フォーラム(通称:ダボス会議)」の年次総会がスイスのダボスで開かれます。今年のテーマは、多様なリスクに直面している2013年の世界を映した「Resilient Dynamism」です。「ダボス会議」については、日本のメディアでも紹介されていますので、世界のリーダーが参加して政治、経済、社会の課題を議論するハイレベルな国際会議らしいという印象を持っているかもしれません。

ダボス会議の話は聞くけれど、ビデオを見ても、メディアの報道を見ても、何となくピンとこない、それに英語なので、少し見ていると疲れるという経験を持つ方もいるでしょう。 ダボス会議は有名ですが、ダボスという所はスイスのスキーリゾートで雪深く、小さな地域で、あちこちの会場で数百のイベントが開かれますし、世界から数千人のリーダーが集まってきているので、期間中は、車が渋滞、歩くと寒いところです。そこで、ダボスの終了後すぐ、イベントをビデオなどで見ながら、世界の課題に関心が高く、将来はダボスのような会合にも参加したいと考える方々と一緒に、東京でブレーンストーミングをしよう、というのが今回のセミナーです。

概要:

1.慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授 石倉洋子をファシリテーターとして、ダボスで世界のリーダーが行っている議論やインタビューから浮かんだテーマや課題を、その場でグループ別に、英語でブレーンストーミングする。つまり、ダボスで行われているような知的活動を東京で少人数のグループに分かれ、英語で行う。

2.見る、聞くだけでなく、参加者が自ら当事者として、テーマを選び、考え、表現し、議論する。

3.同じような関心を持つ人々と会い、ともに活動する契機をもつ。

4.ダボス会議さながらの、臨場感が感じられる。

日時: 2月1日(金) 18:30開場  19:00~21:00 終了後、近くでネットワーキングのためのカジュアルな懇親会を計画しています。(希望者のみ)

場所: ウィルソン・ラーニングイノベーションセンター  住所:東京都港区六本木一丁目10番6号  最寄り駅:地下鉄南北線「六本木一丁目」、地下鉄日比谷線「神谷町」より徒歩5分

地図:http://www.wlw.co.jp/company/address/index.html

注:プログラムはすべて英語で行われます。(語学レベルは問いません) グローバルアジェンダに関心のある方の参加を歓迎します。プログラム終了後、ネットワーキングのためのカジュアルなGet-togetherを予定しています。(希望制) 定員40名。先着により申込を締め切らせて戴きます。定員に達した場合はご容赦ください。

プログラム参加費 2,000円 プログラム後、Get-togetherとして懇親会(3,000円程度の予定)を予定しています。

申し込みはこちらからどうぞ。 また詳細はこちらをご覧ください。Davos Session20130201(英語版も後半についています)

>>多くの皆さんのご参加をお待ちしています。