記事の詳細

昨晩(火曜日)遅くダボスにつきました。For English=> 聞いていたより雪がひどくなかったのですが、今朝早くからRegistrationをしに来た(バッジがないとセキュリティが厳しく、どこも入れないので)所、さすがに寒い!です。まだ公式プログラムは始まっていない(今午前8時半)ので、会議場はそれほど混んでいませんが、しだいに人が多くなってきています。

今回の会議の私の役割は、人材関連のミーティングが中心なので、今朝9時からのHuman Contextというセッションに出た後、午後からの人材関連業界ミーティングの打ち合わせ(ディスカッションリーダーをするので)、昼は気候変動のグループのランチ、そして今回の目的のひとつ、人材関連業界ミーティングと続きます。

夕方から公式なオープニングが始まるのですが、キーノートがIMFのC. Lagarde氏なので、これは出席することにしました。(まだプログラム全体を見ていないのです)

土壇場になって、対談のモデレーターやGender Parity のミーティング、インタビューなどの依頼が来ています。今回は特に土壇場で招待されたこと、直前まで体調があまり良くなかったこと、フライトが遅れて、ヘルシンキで30分しかないきわどい乗り継ぎをしたので、何となく落ち着かず、あわただしいですが、何とかやっています。金曜日にする稲盛さんとの対談のために、稲盛さんのご本を読み返し、心を新たに氏、どんな場合でも全力を尽くそう!と思っています。。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る