記事の詳細

今日は、確定申告と大学院の経費の資料をまとめるのに一日かかってしまいました。確定申告は税理士の方におねがいしていますし、カテゴリー別に領収書も分類しているので、それほど時間がかからないはずなのですが、大体毎年予想以上に時間がかかってしまいます。

今年は3つ気がついたことがあります。ひとつは、例年より効率が良くなったことです。これまでは、なぜか徹底的にやろう!と考えてしまい、必要でない準備のステップを踏んでいたのですが、良く考えたら、その必要がないことに気がつき、そこを省略したのです。この作業は私としては「やらなければならない」が「どちらかといえばやりたくない」ことなので、やり方を工夫しようと考えた結果です。

2点目は、紙がどんどんなくなり、インターネットから見ることになっているため、クレジットカードでも航空券でもその時にプリント・アウトしておかないと、後でダウンロードするのが大変だということです。今年は特にほとんどがネットなので、こまめにやる必要性が高くなっています。

3点目は、常にやっておくのが良いことを再認識したことです。今年は後半、いろいろなことが あって、いつもより忙しく、資料やレシートなどをちゃんと分類するまでにいかず、ただ封筒にいれておいたのですが、後になってそれをレビューするのがとても大変でした。やりながらレビューしていくのが大切だと思いました。毎年この作業を終えた時は、次の年のために新しいやり方を考えて少しは実践するのですが、抜本的なやり方の変更をしていないのと、1年に一度なので、すぐ忘れてしまうのが悩みです。

多分もうできると思うのですが、経費など自動的に記録、分類しておけるソフト?があったら良いと思います。コンサルティングなどでは毎月(あるいは半月に1度)、自分がどの活動に時間を使ったか、経費は?などフォローしていましたが、今はもっと効率的になっているのではないか、と思います。 何とかほぼ終わってほっとしています。これで整理ができます!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る