記事の詳細

4月5日から7日にかけ、修善寺で4月からKMDの修士課程・博士課程に入学する新入生のためのオリエンテーション、クラッシュコースが開かれました。昨年、修善寺でやった結果がとても好評だったため、また同じ場所で行ったものです。(環境がとても良く、気分が解放されます!)

朝7時に日吉で集合、バスで3時間強かけて会場につき、11時からプログラムが始まりました。最初はDean InakageによるWelcomeやKMDの概要、生活の心得?や授業の履修方法についての説明が、 ランチの後は、教員の自己紹介が行われました。教員は、コンサルタントと同じ?で、延々と話す癖があるため、ひとり2分30秒、スライド8枚に限定して、進められました。(私は毎年何か違うスライドをいれたいので、前夜12時の締切りにギリギリで間に合いました!)

そこまで新入生はどちらかというと聞いていただけでしたが、そこからはデザイン、テクノロジー。。など4分野に関する簡単なテストやアイスブレーキングゲームがあり、新入生が主役になりました。第1日目の最後は、景色のよいレストランでの懇親会でした。懇親会の場では、何人かの新入生と話すことができましたが、昨年よりはやく飲み物食べ物がなくなり? 早目に終わりました。(私は朝4時に起きていったため、2次会はパスして寝ていましたが、多くの人はさらにたくさん飲んだそうです!)

2日目の午前のプログラムは、ワークショップ。マネジメントのワークショップは私のプロジェクトの学生にアイディアをいろいろもらって、「Critical Assets & What I」f? という練習を第1ラウンドに、「2020年、xxxはまだあるか?」という3つのテーマでのディベートを第2ラウンドにやってみました。昨年も私がワークショップを担当したのですが、情報を集めるのに時間がかかってしまい、考える時間が少なくなってしまったこと、一つの部屋で2つのワークショップが並行して行われたため、場所もせまいし、集中できなかったことを教訓にして、テーマも場所も変えていただきました。

2ラウンドともなかなか興味深いワークショップだった(自分で考えたので、本当の所はどうだったかは?ですが。。)し、いろいろ明らかになったこともあり(これはプロジェクトでもかなり使えると思った!)、私にとっても有意義でした。ワークショップは、テーマややり方をいろいろ考え、あるテンポで進め、エネルギーが下がらないように気をつけて実行し、時間以内にビシッと終わるのが鉄則です。

午後からはリアルプロジェクトの紹介があり、私もプロジェクトの学生が準備してくれたスライドをもとに、12分間説明しました。昨年のとても「居心地が悪い」(私のプロジェクトだけ全然進んでいない、全く性格が違うなど)状況よりは少しは改善されたように感じました。質疑応答は十分こたえることができず残念だったので、今朝、プロジェクトのミーティングで、来週月曜日15日に、早速学生が中心になって説明会をすることにしました。主催者側発表(教員による紹介)だけではなく、当事者側(学生メンバー)のホンネの話を紹介するのが一番ですから。。。

私はリアルプロジェクトの紹介の後、個人的な健康に関する理由で急いで東京に帰ってきてしまったため、2日目の夜と3日目は参加できませんでしたが、今週からクラスが始まるので、とても楽しみにしています。またクラッシュコースの写真が見つかったら(自分ではとっていないのですがたくさんとっていた人がいるので!)ポストします。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る