記事の詳細

最近数週間(特に先週からの10日間)は日本にいるのですが、多様なインプットとアウトプットが錯綜しています。(それで珍しく頭が痛いことがあったのかもしれません?)

海外から帰ってきてからの2週間は、私担当のマネジメント基礎のクラスが3回、同じ日にスキル科目の事業戦略入門が2回、プロジェクトのミーティングが2回、イノベーターセミナーが1回、それにCEMSの学生向けのクラスが2回ありました。それぞれに新しいことを考えて、やろうとしていたので、準備も進め方も試行錯誤でかなり複雑になりました。クラスではグループ活動へのフィードバックが大切なので、12チームに2回分(まだ1回分残っています)フィードバックをしようと考え、このあたりはアウトプット(クラスの進行)とインプット(学生のプレゼンテーションなど)のバランスはとれているともいえます。

しかし、それに加えて、企業の取締役会、セミナー(ひとつはミャンマーを中心とする日本企業の戦略、福岡の教師塾)、富士通フォーラム、ソニーCSLオープンハウス、TEDxTokyo、ディナーと続くと、多様なインプットがアウトプット(セミナーなど)を圧倒する状況になってきました。その場で様々な分野のいろいろな方々と会うので、それからのインプットもかなり多様、多量になってきました。

さらに、今後予定されているセミナーなどの打ち合わせ、企業との連携の具体案など会合も多く、いろいろなことが頭の中でぐるぐるまわっている!という感じです。以前はこういう状況だとただただ圧倒されていたのですが、最近は「これが普通らしい?」と思うようになり、ギャップはあまり感じなくなりました。

また、アウトプットの場面でも、その前に得た数々のインプットが思い出されて、螺旋形でのぼっていくような感じがします。(どこのインプットか思い出せないことが多いので、後から何とか整理しようというのは困難なのですが。。。)

この所、インプットとアウトプットのバランスということを良く話しますが、意識してバランスをとろうとしなくても、いろいろな機会をとらえて、スパイラルを目指せば良いのではないか、とも考えています。(ちょっと抽象的ですね。。また考えます!)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る